So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

春はまだまだかな。 [イベント]

0207お弁当.jpg

一雨ごとに春に近づくといいますが、昨夜からの雨も上がり
今日は二桁の気温のようです。 翌日16日は最高気温も低く小雪の舞う日中でした。
三寒四温・・もう少しかかりそうですね。
4個の弁当の日はいつもより早い時間に起きましたが、冷蔵庫につけ込んだ鶏肉
があり、片栗粉をまぶして家族の大好きな唐揚げができました。昨夜下ごしらえ
してくれたのは娘でした。朝の支度が短くて済みましたよ。サンキューです。

メレンゲ.jpg

土日の昼下がりはボウルでシャカシャカと卵白を9分立てに必死でした。
SOAVE.jpg

娘はクッキー生地にアルファベットで SOAVE とスタンプをします。

制作中.jpg

バタークリームにラム酒で漬けたドライフルーツを混ぜ込みます。


レーズンウイッチ1.jpg

お手製のレーズンウイッチが出来上がりましたよ~~~^^/

レーズンウイッチ.jpg


ラッピング完成.jpg

ラッピングもネットで購入した袋にひとつずつ入れてシールドします。
こちらを40個くらい作ってそれぞれ大学の先生、友達、あと職場の皆さんへ
食べていただきました♪
六花亭や小川軒のより・・・美味しいよとほめていただいたりして
なんとなくまんざらでもない様子でしたよ。



カーズ.jpg

私からのバレンタインは・・・手作りではなく今年はサーティワンのアイスケーキにしました。^^;;
この赤いライトニング・マックイーンの可愛さにやられてしまったともいいます・・ふふふ。


立春 [思うこと]

梅?.jpg

2月4日 立春という事で春らしいものを撮ってみたかったのです。
見つけたのは息子の高校の庭園です♪今日は午前からクラスの親睦会というランチと
保護者会とクラス役員決めまでありまして10時過ぎに家を出てからこの写真を
撮る16時40分まで高校の行事にどっぷり浸っていました。^^;

紅梅02.jpg


こおり.jpg

そんなに寒く感じられない日なのに校内の池にはかなり厚い氷が!!!張っていました。
ここ数日の寒波で溶ける事がなかったのでしょうね。

目白Cafe.jpg

目白通りのCafeで娘と待ち合わせしました。新宿副都心線を利用すると西早稲田から一駅
で雑司ヶ谷駅へ着きまして、学習院大学前をほどなく歩くと目白の商店街へ到着します。

目白Cafe2.jpg

ショコラケーキとスコーンでお茶timeです。学校行事で少し疲れていたので
甘いものとcoffeeでほっと一息しました。
今年初めて花粉症の症状が出ていて鼻づまり、喉や目のあたりが痒くてたまりません。
気にしても仕方ないのですが、どうやっておつきあいしていくのか?覚悟が必要なようです。
しかも37度台の熱まで出たりして・・・つらいです。 40数年生きて来て初めて花粉症のつらさを味わっています><

小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト [イベント]

120317-2-1.jpg

[コピーライト]Drawing by Maria Battaglia

主   催: 小澤征爾音楽塾/ヴェローザ・ジャパン
神奈川県民ホール(横浜公演)
東海テレビ放送 (名古屋公演)
共   催: 公益財団法人 ロームミュージック ファンデーション
        公益財団法人びわ湖ホール(関西公演)
協   賛: ローム株式会社
協   力: ANA
後   援: 愛知県(名古屋公演)
企画 ・ 制作: ヴェローザ・ジャパン

[全2幕]<原語上演/字幕付>

スタッフ
音楽監督・指揮:小澤征爾
演  出:浅利慶太
装  置:高田一郎
衣  裳:森 英恵
照  明:吉井澄雄

管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団
合唱指揮:キャサリン・チュウ

出演
蝶々夫人:アディーナ・ニテスク
ピンカートン:アレクセイ・ドルゴフ
シャープレス:アンソニー・マイケルス=ムーア
スズキ:エリザベス・デション
ゴロー:デニス・ピーターソン
ボンゾ:デニス・ビシュニャ
ヤマドリ、神官:仲本 博貴
ケート:ローレン・カーナウ
ヤクシデ:坂下 忠弘
役 人:狩野 賢一
蝶々夫人の母:小林 紗季子
蝶々夫人のおば:趙 明美
蝶々夫人のいとこ:松田 万美江

公演スケジュール
3月17日(土) 15:00開演 神奈川県民ホール 大ホール
3月21日(水) 18:30開演 愛知県芸術劇場 大ホール
3月24日(土) 15:00開演 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール大ホール
3月28日(水) 18:30開演 東京文化会館 大ホール

小澤征爾音楽塾とは?

2000年、小澤征爾がオペラを通じて若手音楽家を育成することを目的に開始しました。
恩師であるカラヤンの言葉「交響曲とオペラは、音楽という車の両輪のようなもの」を持論とする小澤は、その実践の場として小澤征爾音楽塾を年に一度開催しています。開始当初より6年間オペラを続け、2006年は交響曲を取り上げました。以上はHPより抜粋させて いただきました。

2012年のオペラプロジェクトはプッチーニの「蝶々夫人」との事ですね♪
2004年のプッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」の際は娘の音大で音楽稽古をされたそうです。
私も今回は是非☆見に行きたいと思っていますが、1月15日にチケット発売開始なのに
2週間たった今の時点でチケットはすでに完売のようです。
闘病後の小澤征爾さんの指揮のお姿も拝見できる機会ですし、知り合いも参加しますし、
見たい、聴きたい。。。さてさて、どうすればいいのでしょう。
音大内装.jpg


地下フロア.jpg


仲間達と.jpg


娘の卒業試験は演奏会方式ですので大学のホールで行われます。最後の試験なので
はるばる地方から夜行バスで駆けつけた親御さんもいらっしゃいました。4年間の
成長をしっかり目に焼き付けましたよ。ご指導の教授先生方々にもお会いしご挨拶しました。
思えば私の大学時代には親が来るなんて入学か卒業式以外はなかったですが、こういう
大学なので私達家族ははこの4年間何度も訪れる機会に恵まれました。

でこぽん.jpg

あっというまに今年も12分の1が過ぎました。今年の冬の寒波は厳しくて
日本海側では積雪が3m越えの地域もあり、雪崩が起きたりして大変な事になっています。
乾燥して寒い日が続くとインフルエンザの為に学級閉鎖となる学校が増えて来ています。
外出したらうがいや手洗いをこまめにしてビタミンを摂取して菌を寄せつけないように
注意しましょうね。4日は立春・・・暖かい日差しが待ち遠しいです。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。